【歯科関係者用】石幡先生のセミナー情報

【歯科関係者用】石幡先生のセミナー情報

開業医が行うべき
顎関節治療

開業医が行うべき顎関節治療
セミナーの詳細はこちら

最速インプラント&自費パーシャルデンチャー


セミナーの詳細はこちら

Dr.石幡監修の顎関節症マスター講座


セミナーの詳細はこちら

立地に左右されない採用と教育のメカニズム


セミナーの詳細はこちら

久喜の歯医者|久喜総合歯科

日付:  カテゴリ:お知らせ, 歯列矯正

噛み合わせが悪いと顔の歪みの原因になる理由と治療方法を紹介

顔の歪みに悩んでいませんか?



顔の歪みは、意外と多くの人が抱える問題であり、その原因は様々です。
顔の歪みを放置すると、顎関節症や口が開けにくくなる、アゴの関節に痛みが生じるなどの症状が現れることがあり、日常生活にも影響を及ぼす恐れがあります。この記事では、顔の歪みを引き起こす理由から始め、顔の歪みによって起こる症状、さらには顔の歪みを確認する方法まで、詳しく解説しています。この記事を読むことで、悩みを抱えるあなたにとって、最適な治療法を見つけ、自信に満ちた笑顔を取り戻すための一歩となるでしょう。

目次

1. 顔の歪みが起こる理由
2. 噛み合わせが悪くなる原因
2-1. 顎のズレや歯並びの問題
2-2. 歯の欠損や虫歯
2-3. 親知らず
2-4. 習慣や癖

3. 顔の歪みによって起こる症状
3-1. 顎関節症の発症
3-2. 口が開けにくくなる
3-3. アゴの関節に痛み

4. 噛み合わせの悪さを確認する方法
4-1. 自分で噛み合わせのずれを確認する方法

5. 顔の歪みの改善につなげる噛み合わせの治療方法
5-1. ワイヤー矯正
5-2. マウスピース矯正
5-3. (重度の場合)外科的矯正手術

6. まとめ

1. 顔の歪みが起こる理由

噛み方が偏ると顔の筋肉の付き方がアンバランスになり、目の大きさやしわの入り方にも左右差ができて、顔がゆがみます

また、噛み合わせが悪いと、顎関節や筋肉に負担がかかり、顔の形状や筋肉のバランスが変化します。
顔の歪みが生じる原因として、顎のズレや歯並びの問題が挙げられます。
さらに、顎関節症による顔の歪みも考えられます。
適切な治療を受けることで、噛み合わせが改善されると同時に顔の歪みも矯正されることが期待できます。

2. 噛み合わせが悪くなる原因

次に噛み合わせが悪くなる原因について紹介します。

  • 顎のズレや歯並びの問題
  • 歯の欠損や虫歯
  • 親知らず
  • 習慣や癖

2-1. 顎のズレや歯並びの問題

顎のズレや歯並びの問題は、噛み合わせが悪くなる原因の一つです。
顎の成長が不均衡であったり、歯が生えるスペースが狭くて歯並びが乱れることで、噛み合わせが悪くなります。
また、顎の骨の形状や、遺伝的要因も影響を与えることがあります。

2-2. 歯の欠損や虫歯

歯の欠損や虫歯も、噛み合わせが悪くなる原因となります。
歯が欠損していると、隣接する歯が移動し、噛み合わせが悪くなることがあります。
また、虫歯によって歯が壊れると、噛み合わせのバランスが崩れることがあります。

2-3. 親知らず

親知らずが生えることで、噛み合わせが悪くなることがあります。
親知らずが生える際に、既存の歯に圧力をかけることで、歯並びが乱れたり、他の歯が押されて噛み合わせが悪くなることがあります。特に、親知らずが横向きに生えている場合や、他の歯とぶつかってしまう場合に問題が起こりやすいです。
親知らずが噛み合わせを悪くする原因となることがありますが、抜歯や適切な治療によって改善が期待できます。

2-4. 習慣や癖

習慣や癖が、噛み合わせが悪くなる原因となることがあります。
例としては、舌を押し出す癖、爪を噛む癖、頬杖をつく癖など、口周りの筋肉や歯に悪影響を与える習慣です。
これらの悪習慣が長期間続くと、顎関節に負担がかかり、顔の歪みが生じることがあります。

3. 顔の歪みによって起こる症状

次に顔の歪みによって起こる症状について説明します。

  • 顎関節症の発症
  • 口が開けにくくなる
  • アゴの関節に痛み

顔の歪みはさまざまな症状の原因となるため、ご自身の症状と合致していないか確認しましょう。

3-1. 顎関節症の発症

顔の歪みによって、顎関節症が発症することがあります。
顔の歪みが原因で噛み合わせが悪くなると、顎関節に負担がかかります。これにより、顎関節症が発症する可能性が高まります。
顎関節症は、痛みや顎関節の動きが制限されることが特徴です。
顔の歪みが原因で顎関節症が発症することがありますが、顔の歪みと噛み合わせを改善することで、顎関節症の症状が改善されることが期待できます。

3-2. 口が開けにくくなる

顔の歪みによって、口が開けにくくなることがあります。
顔の歪みがある場合、顎関節に不自然な力がかかり、口が開けにくくなることがあります。また、顔の歪みによって噛み合わせが悪くなると、顎関節が適切に動かなくなることもあり、口が開けにくくなります。

3-3. 顎関節の痛み

顔の歪みによって、顎関節に痛みが生じることがあります。
顔の歪みが原因で噛み合わせが悪くなると、顎関節に過大な力がかかり、アゴの関節に痛みが生じることがあります。
また、顔の歪みが顎関節の機能不全や炎症を引き起こすこともあり、関節痛を引き起こします。

4. 噛み合わせの悪さを確認する方法

  1. 歯を磨く
    まず、歯を磨いて口内をきれいにしてからチェックを始めます。
  2. 正常な噛み合わせの状態を確認

    正常な噛み合わせでは、上下の前歯がほぼ同じ高さで接触し、奥歯は上下でしっかりと噛み合っています。これを基準に、自分の噛み合わせをチェックしていきます。
  3. 鏡を使って視覚的に確認

    鏡を使って自分の歯並びや顎の位置を観察し、左右対称であるかどうかを確認します。歯が重なっていたり、隙間がある場合は噛み合わせに問題がある可能性があります。
  4. 歯をガッチリ噛んで確認

    歯をしっかりと噛み合わせ、どの歯が最初に接触しているか、また奥歯の噛み合い具合を感じてみます。どちらかの側だけが強く当たっていたり、歯が浮いている感じがする場合は問題があるかもしれません。
  5. 噛み合わせを変えてみる
    顎を前後左右に動かしてみて、どの位置で最も自然に噛み合わせができるか確認します。噛み合わせが良くなる位置が、通常の位置と大きく異なる場合は、噛み合わせの調整が必要かもしれません。
  6. 専門家に相談
    自分で確認した結果、噛み合わせに問題があると感じた場合は、歯科医師に相談して正確な診断を受けましょう。

これらのステップを踏むことで、自分で噛み合わせのずれをある程度確認できますが、
最終的には歯科医師による診断が必要です。

5. 顔の歪みの改善につなげる噛み合わせの治療方法

顔の歪みの改善につなげる噛み合わせの治療方法を3つ紹介します。

  • ワイヤー矯正
  • マウスピース矯正
  • (重度の場合)外科的矯正手術
  1. ワイヤー矯正
    ワイヤー矯正は、歯並びや顎の位置を徐々に調整し、顔の歪みを改善する治療方法です。ワイヤー矯正は、ブラケットと呼ばれる金属製の小さな器具を歯に装着し、ワイヤーで繋ぐことで歯を引っ張り、徐々に歯並びを整える方法です。
    この治療法は、長年の研究によって効果が実証されており、多くの患者が満足しています。
    ただし、治療期間が長いことがデメリットとなります。

  2. マウスピース矯正マウスピース矯正は、透明なマウスピースを使用して歯を動かし、顔の歪みを改善する治療方法です。
    マウスピース矯正は、透明なプラスチック製のマウスピースを歯にフィットさせることで、歯を徐々に動かし、歯並びや顎の位置を改善します。治療期間はワイヤー矯正よりも短く、見た目にも目立たないため、多くの人に選ばれています。
    治療期間が短く、見た目にも目立たないため、多くの人に選ばれる顔の歪み改善治療法です。ただし、重度の歯並びや顎の位置のズレには対応できない場合もあります。
  3. (重度の場合)外科的矯正手術
    重度の顔の歪みに対しては、外科的矯正手術が最も効果的な治療法となります。顎の骨格に大きな問題がある場合や、歯並びや顎の位置が非常に悪い場合は、ワイヤー矯正やマウスピース矯正では効果が限定的です。外科的矯正手術は、直接骨格を修正することで、根本的な改善を目指す治療法です。外科的矯正手術は、重度の顔の歪みや噛み合わせの問題に対して最も効果的な治療法ですが、リスクや費用が高いことがデメリットとなります。
  4. 6. まとめ


    顔の歪みは、噛み合わせの悪さが原因で起こるのではなく、噛み方や歯並びや顎の位置の問題、歯の欠損などが関与しています。この歪みが放置されると、顎関節症の発症や口が開けにくくなる、アゴの関節に痛みが生じるなどの症状が現れることがあります。噛み合わせの悪さを確認する方法としては、鏡を使って自分で顎の位置や歯並びをチェックすることです。顔の歪みの改善には、ワイヤー矯正、マウスピース矯正、外科的矯正手術が選択肢としてあります。
    ワイヤー矯正は効果的で安定した結果が期待できる一方、治療期間が長く、見た目の影響も大きいです。マウスピース矯正は治療期間が短く、見た目にも目立たないものの、重度の歯並びや顎の位置のズレには対応できない場合があります。
    重度の顔の歪みに対しては、外科的矯正手術が最も効果的ですが、リスクや費用が高いことがデメリットとなります。
    適切な治療法を選ぶことで、顔の歪みが改善され、自信に満ちた笑顔を取り戻すことができます。

    久喜の歯医者|久喜総合歯科

    日付:  カテゴリ:お知らせ, 歯列矯正

歯科医師セミナーを開催します。

当院の院長が、ストローマングループ製品の臨床などの情報を無料で発信するWEBセミナーを開催します。
様々な講演を聴講しブラッシュアップしたい先生のご参加をお待ちしております。

詳しくはこちら

久喜の歯医者|久喜総合歯科

日付:  カテゴリ:お知らせ

顎関節症治療ウェブセミナーがDVD化しました。

2023年5月8日(医)樹伸会いしはた歯科クリニック理事長 石幡一樹先生の顎関節症治療ウェブセミナーが待望のDVD化しました。

1人でも多くの患者さまを救えたらという想いで、1人でも多くの歯科医師の皆様に、知って頂けたらと願います。

・患者さまの苦しみを軽減させる改善テクニック
・確実に治していく、すぐに試せる技術と理論
・診療報酬に結びつける、収益を考慮したスキーム

皆さんのご自宅でご覧ください!

詳しくはこちら

久喜の歯医者|久喜総合歯科

日付:  カテゴリ:お知らせ

年末年始のお知らせ

12月29日(水)から1月4日(水)は年末年始休暇のため休診とさせていただきます。
患者様にはご迷惑をおかけ致しますが何卒よろしくお願いします。

久喜の歯医者|久喜総合歯科

日付:  カテゴリ:お知らせ

夏季休暇のお知らせ

8月13日(土)〜8月16日(火)は夏季休暇のため休診とさせていただきます。
ご迷惑をおかけ致しますが何卒よろしくお願いします。

久喜の歯医者|久喜総合歯科

日付:  カテゴリ:お知らせ

開院のお知らせ

この度、いしはた歯科クリニックの新館として久喜総合歯科医院がOPENしました。

久喜の歯医者|久喜総合歯科

日付:  カテゴリ:お知らせ

WEB予約-送信完了

予約申込ありがとうございます。

担当より折り返しご連絡いたしますので、今しばらくお待ちください。

 

久喜の歯医者|久喜総合歯科

日付:  カテゴリ:お知らせ

診療時間
09:30〜13:00
14:30-18:30

※ 最終受付時間は30分前となります。
※▲は最終受付16:30となっております。【 休診日 】 木曜・日曜・祝日

ご予約・ご相談はお気軽に!0480-29-3100

KUKI COMPREHENSIVE DENTAL CLINIC 久喜総合歯科

〒346-0003
埼玉県久喜市久喜中央1丁目3-22
【 久喜駅 】 西口から徒歩1分
久喜の歯医者|久喜総合歯科